ロードバイクを始めようか迷ってる方へ~ロードバイクの魅力とは~

最近、街中や峠でロードバイクに乗った人をよく見かけますよね。

風を切るように颯爽(さっそう)と走る姿はとても気持ちが良さそうです。

ロードバイクに乗っている人は社会人が多いです。

理由は「社会人になって運動する機会が減った」「健康のために」と購入する人が多く、

また、初期費用がかかるため学生では金銭面で厳しいことが挙げられます。

しかし近年ではUber Eatsなども流行って来ており、アルバイトのため乗っている方が増えています。

このように、街中でロードバイクを見かける機会が増えた今、

まだ乗ったことが無く、始めようか迷っているあなたにその魅力を伝えたいと思います!

ロードバイクって初期費用にどれくらいかかるの?

ロードバイクを始めるにあたり、まず気になるのがお金の面だと思います。

これは他の趣味にも言えることですが、結局どこまで安いものを受け入れられるかによります。

安いもので良ければ2万円前後で買えますが、ママチャリとほぼ同じ性能だったりします。

ロードバイクを楽しむなら、最低でも10万円は用意しておきたいところです。これはヘルメットやシューズなど、ロードバイク以外の備品も含みます。

10万円は高いですよね。でも10万円分以上楽しめば良い!と自分に言い聞かせましょう。

ロードバイクとクロスバイクの違い

「クロスバイクってのもよく聞くんだけど、どう違うの??」

というのは多くの方が最初に抱く疑問です。

ネットで調べたところ、両者の定義についてなかなか有力な情報源はありませんでしたが、

おおよそ一般的な認識として下記のような違いが挙げられます。

ロードバイクのイメージ

・元々はレース用に開発された

・ハンドルがドロップハンドル(クルっと曲がった形状。下写真参照。)

・風の抵抗を受けにくくするため、前傾姿勢となるように調整されている

・地面との抵抗を減らすためタイヤが細い

・値段が高い(参考:初めての方によくオススメされる、ジャイアントのCONTEND2で8万円)

ロードバイクのハンドル(ドロップハンドル)

クロスバイクのイメージ

・走行性能の高い自転車で、通勤・通学などに利用される

・ハンドルが普通の自転車と同じ一直線(バーハンドル)

・普通の自転車と同じく、前傾姿勢ではなく背筋が真っすぐの姿勢

・前傾姿勢ではないため乗りやすく最初はロードバイクより疲れにくいが、

 前傾姿勢に慣れると抵抗が少なくスピード性に優れるロードバイクの方が疲れにくい。

・ロードバイクよりは安価(参考:GIOSのMISTRALで5~6万円)

「街中を颯爽と走りたい!」「長距離を走りたい!」という方はロードバイク

「普段使いで乗りたい!」「高価なものは手が出しにくい!」という方はクロスバイクが良いと思います。

ロードバイクの魅力

① 自分に合った運動量で無理なく行える

ロードバイクは山道・平坦な道など、ルートを選択することで個々の力に合った負荷で走ることができます。

また、距離やスピードも自分で決めてしまえば良いので、無理なく続けることができます。

歳を重ねてもできるスポーツの一つです。

ロードバイクって体力が無いとキツいと思っていませんか??

まぁそうなんですけど、

実は体力に自信がない人でも気軽にできるスポーツなんです!

② 自然を楽しみながら走ることができる

ロードバイクは自動車ほどスピードは無いので、ゆっくり景色を楽しみながら走ることができます。

森の中で鳥の鳴き声を聞いたり、海岸で波の音を聞いたり、風を肌で感じることができます。

養鶏場の近くを走ると臭いですが、それもまた、自然の恵みなのです。

③ 一人でも複数人でも楽しめる

ロードバイクは人数を気にしないスポーツです。一人でも楽しいし誰かと一緒に走っても楽しいです。

複数人で走る場合は一列になり、先頭を交代しながら走ります。先頭の人が風の抵抗を受けやすいためです。先頭を交代しながら走ると協力し合っている感じがして楽しいです。

ロードバイクのマイナスポイント

ロードバイクのマイナスポイントを強いて挙げるなら以下のことがあります。

① 初期費用が高い


上にも書きましたが、ロードバイクを本格的に楽しむなら最低10万円はかかります。

初期投資さえしてしまえばその後はそれほどお金が掛からないものの、10万円は決して安くはないでしょう。

<補足>

お金を節約するために中古や無名メーカーのロードバイクを買うより、

ネットで取り上げられているような初心者向けモデルを買った方が無難です。

性能の差もありますが、自分が大切にできるものを買った方が趣味として長続きすると思います。

② ケガのリスク

歩道ではなく車道を走ることや、

スピードが30キロ以上出せること、

シューズとペダルを固定するビンディングペダルを使用すること

により、ケガのリスクがあります。

ヘルメットを必ず装着し安全運転を心掛けましょう。ビンディングペダルはロードバイクに慣れてないうちは無理に装着しなくても良いです。

③ 天候に左右される

雨の日は視界が悪くなりますしスリップ事故を起こす可能性が高くなるので基本的に走らない方が良いです。

また、向かい風はママチャリほどではないですが結構しんどいです。横からの風は車体を流されやすいため注意が必要です。

雪が降った場合も走らない方が無難です。そもそも冬は寒い・・・

晴れた日に走るようにしましょう。

まとめ

ロードバイクは初期費用がかかるものの、自然を身近に感じることができますし運動不足解消やストレス発散にも効果的です。

この記事を見てロードバイクに興味を持った方はぜひ購入を検討してみてください!

迷ったらまずは近くのロードバイクショップで相談してみましょう。試乗させてくれるショップもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です