【小ネタ】ゆる~く楽しく!ワンナイト人狼の立ち回りって程でもないテクニック

以前、ワンナイト人狼の立ち回りについての記事を公開しましたが、4人でプレイした時の場合しか紹介しなかったので今回は何人でプレイしても使えるテクニックを紹介します。

ただ、使うことはできますが役に立つかどうかは使う人次第です笑

時間があればぜひ読んでください笑

以前紹介した、4人プレイ時の立ち回りの記事についてはこちら↓

①グレーな村人が複数いてその中から人狼をあぶり出すとき

自分が占い師、または占い師から占われていて村人サイド(白)が確定している状態で、情報が無い人(グレー)が複数いる場合です。

一度しか使えませんが、良い方法があります。

「グレーの人達に質問があります・・・村人の人!」

と質問します。

すぐに「はい!」って答えた人は村人濃厚です。

返事が遅れたり、「いやいやそんなのじゃわからないでしょ」という人は人狼の確率が高いです。

この方法、意外と馬鹿にならないんです・・・(マジで)

②人狼だけど村人アピールするとき

あくびをする。

これです。

村人アピールって難しいですよね。人狼を探している雰囲気を出さないといけないんですけど逆に必死さが強くなって疑われたり・・・

そんなときは逆にやる気をなくしてみましょう。

役職ないし全然わからないしどうしようかなぁ、、、くらいで意外と隠し通せます。

でも全く推理しないのも疑われます・・・

③狂人だけど占い師から見られてしまったとき

占い結果が真でも偽でも疑われることが多いので普通に村人として推理しましょう。

人狼をあぶり出してやろう的なスタンスを取ることで占い師の信ぴょう性が下がっていきます。

また、積極的に議論に参加し議論時間を削ることで、人狼を有利にしていきましょう。

ルールによっては「狂人が占われると村人に見られるルール」もありますが、その場合も真面目に推理をしている振りをして、村人っぽい人を人狼へ誘導していきましょう。

④怪盗で人狼を盗っちゃって黙ってたけど占い師に見られたとき

この状況は結構あって、やっぱり怪盗が吊られてしまうことが多いんですけど、1つだけ対処法があります。

ちょっとメタ的になりますし、事前準備が必要なんですが・・・

一度自分が怪盗になったとき、誰とも交換せずにプレイします。

そのゲームは疑われて負けてしまうかもしれませんが、「こいつは怪盗なのに交換しないこともあるヤツなんだ」と思わせることでそれ以降のゲームで言い訳が通用する場合があります。

但し保証はしません笑

⑤相方の人狼がめっちゃ責められているとき

いきなり助けようとするのはNGです。自分も疑われます。

まずは相方人狼に話をさせます。

途中、他の人が割って入って相方人狼を責めようとするかもしれませんが、その際にも「ちょっともう少し(相方人狼)の話を聞きたい」と言って極力責めさせないようにします。

そして議論時間終了間際に「やっぱり(相方人狼)が怪しいね」と言って終了します。

・・・

というのは冗談・・・でも無くて

怪盗が黙っている場合は盗られている可能性があるので相方を吊るのはアリです。

極力最後まで助ける姿勢を見せることで、相方人狼が自分を売ってきたり変な動きをしないように抑制できます。

⑥占い師で人狼がいないことがわかったとき

受験で合格した時のようにもったいぶりながら結果を発表しましょう。

⑦お前はすぐ顔に出るよなって言われたとき

ゲーム中、舌で上の前歯の表面をずっと舐めていましょう。

猿みたいな顔になりますが顔に出にくくなります。

まとめ

ワンナイト人狼で微妙に使えるマル秘テクニックを紹介しました。

自分が使えそうなものを精査し、極め、楽しく勝っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です